目次に対応していた。

なぜかiOSでは、目次が表示できないという状況が存在していたのです。
いち制作者として読者を思えば、これは看過できないとても気持ちの悪いバグでありました。

iOSでチェックしていなかった制作者さんは、気付いていなかった人もおられるかと思います。
Kindleの固定型、KC2で作成した本(要するに拙作です。)は、iOSアプリで見た場合にだけ、本の目次が表示されていなかったのです。
私自身、処女作出版当時、それをなんとかしようとして、随分と長時間、何日も何日も、すったもんだしました。Web情報も、問い合わせ窓口も、なんだかよくわからない長話しをするばかりで、まったく解決にならなかったのです。Android端末やKindle端末では正常でした。今となっては昔話ですが。

さきほど目次表示が出来ている事が確認できた本のデーターは当時のままで全くいじっていないので、当時、iOSアプリで目次が表示できなかった原因は、データーの作り方が原因ではなく「Kindleアプリのバグだった」という事になります。
「こうすれば表示出来る」と書いていたWeb情報も、「仕様書通りに作れば表示できます」という返答をしたあのひとも!!!あれは、なんだったのでしょうね。
システム開発者はバグならバグだと素直にごめんなさいすることが大切。わけのわからない、要領を得ない長話でごまかそうとするなど、もってのほか。制作者にも読者にも、たいへんな迷惑です。

まあ、無事に表示できるようになったのだから水に流し、めでたしめでたしと、いたしましょう。

尚、この正常化は、先ほどiPhoneのKindleアプリをバージョンアップして気付きました。しかしバージョンアップしていなかったiPadのKindleアプリでも、正常に目次が表示されていたので、おそらく少し以前から「目次に対応」していたのだろうと思われます。私が気付かなかっただけなのでしょう。
元々バグに気付かなかった人はこの記事は流してください。もう大丈夫です(^^;)。
以上、経緯として書かせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です